心の状態から選ぶ―失意と絶望

ブログ「フラワーエッセンスのある暮らし」へようこそ。
バッチ財団登録プラクティショナー フラワーフェアリーの真実☆です^^

フラワーエッセンスのひとつ、「バッチフラワーレメディ」は、英国の医師エドワード・バッチ博士によって約80年前に完成された「メンタルケア」のための植物療法です。

37種類の植物と1種類の石清水から作られたエッセンスを「飲む」ことで、日々の暮らしの中で誰もが感じるような怒り・コンプレックス・自信喪失・集中力低下・不安・イライラなど、様々なマイナス感情やネガティブ思考を鎮める働きがあります。

 心の状態から選ぶバッチフラワーレメディ?

バッチ博士は38種類のバッチフラワーレメディを7つのグループに分けて説明されました。

 恐れと不安 (Fear)

 内心の不確かさ (Uncertainty)

 現実への無関心
 (Insufficient Interest in Present Circumstances)

 淋しさと孤独 (Loneliness)

 人や周囲に敏感すぎる
 (Over-Sensitive to Influences and Ideas)

 失意と絶望 (Despondency or Despair)

 他人のことを気にしすぎ
 (Over-Care for Welfare of Others)

ここでは「失意と絶望」のグループに属する8種類を簡単にご紹介します。

■自分の外見や些細なことが気になり、自己嫌悪

 例えば、些細なことが気になってしかたがない、
 汚いものに触ると、自分が汚れたような気がする、
 肌のトラブルや吹き出物などがあって恥ずかしい、
 鏡に映る自分の姿にうんざりする。

 そんな気持ちの時は、クラブアップルを。

画像


■プレッシャーに弱く、自信を失っている

 例えば、仕事量が多すぎる、
 責任が重過ぎて、プレッシャーを感じている、
 以前はできたことも、今は出来ないような気がして、落ち込んでいる。
 
 そんな気持ちの時は、エルムを。

■他の人と比べて劣等感に悩んでいる

 例えば、(試験や面接の前など)自信がない、
 失敗するのが怖くて、物事に挑戦できない。
 つい人と比べて、自分のマイナス面を探してしまう。

 そんな気持ちの時は、ラーチを。

■限界がきても弱音を吐けず、頑張りすぎる

 例えば、人から頼まれると、無理をしてでも頑張ってしまう、
 弱音を吐いたり、人に助けを求められない、
 どんなに大変でも、休むことができない。

 そんな気持ちの時は、オークを。

■人の失敗まで自分のせいと感じ、自分を責めてしまう

 例えば、他人の失敗まで自分のせいと感じてしまう、
 もっと上手く出来たのではといつも悔やんでいる。
 「ごめんなさい」「すみません」が口癖になっている。

 そんな気持ちの時は、パインを。

■心に傷を抱えている

 例えば、過去に起きたショックやトラウマから、
 いまだに癒されていないように感じている、
 つい最近、ショックを受けることがあった。

 そんな時は、スターオブベツレヘムを。

画像


■長年不平も言わずに耐えてきた

 例えば、もうこれ以上我慢できなほど辛い、
 辛すぎて、この先どうしたらいいか分からない、

 そんな気持ちの時は、スイートチェストナットを。

■どうして自分がこんな目に?

 例えば、自分のことを「かわいそう」だと感じる、
 他の人たちは自分より恵まれているようにみえる、
 つい他人のせいにして、怒ったり泣いたり不機嫌になる。

 そんな気持ちの時は、ウィローが役に立ちます。

 バッチフラワーレメディ・ワンポイントアドバイス 

初めてお使いになる方には、5種類のバッチフラワーレメディが入っているレスキューレメディがおススメ。ロックローズも入っています


応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック