ほんとうの癒しというのは

こんにちは!
横須賀でココロとカラダを軽くする♪
バッチフラワーレメディのプラクティショナー
「フラワーフェアリー」の真実☆です(*^^*)

マザーアース・エデュケーション主宰・松木正さんの著書「自分を信じて生きる」を読んで、共感した言葉をメモしておきます。

◆◆◆◇◇◇◆◆◆

 かなり前から、巷では「癒し」という言葉が流行っている。癒し手と呼ばれる人や、癒しの音楽など、その手法への関心も高まっている。
 ぼくはほんとうの癒しというのは、「癒す側」と「癒される側」という関係がなくなることではないかと、最近つくづく思っている。おたがいが癒し合う関係になったとき、ほんとうに癒しが起こってくるのではないだろうか。
 癒しとは、自分を取り巻くさまざまな環境――自分の周りの人、自分とつながる自然、自分自身の身体と心、大いなるものの存在など――に意識をていねいに向け、存在を認め合い、耳を傾け合い、受け入れ合い、それらを通して起こる「気づき」によって、さまざまな環境とのかかわりを変えていこうとするプロセスだと思う。
 その「気づき」の手助けをしてくれるのが、この本の中の「力(メディスン)を持った言葉」だ。なぜならこれらの言葉は、インディアンが何千年にもわたって人から人へと語り継いできた知恵そのものだからだ。人に話す必要性があったからこそ語り続けられてきた言葉だ。だからこれらの言葉は、神話に限りなく近いと思う。

◆◆◆◇◇◇◆◆◆

エピローグ
Don't be afraid to talk about a spirit.
――魂を語ることを恐れてはいけない、より




自分を信じて生きる―インディアンの方法
小学館
松木 正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自分を信じて生きる―インディアンの方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

植物の力でストレスケア
バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック