人生の悲劇は苦しいことにあるんじゃない。何を見落としたかだ

こんにちは!
横須賀でココロとカラダを軽くする♪
バッチフラワーレメディのプラクティショナー
「フラワーフェアリー」の真実☆です(*^^*)

マザーアース・エデュケーション主宰・松木正さんの著書「自分を信じて生きる」を読んで、共感した言葉をメモしておきます。

◆◆◆◇◇◇◆◆◆

 トム・ブラウンは「人生の悲劇は苦しいことにあるんじゃない。何を見落としたかだ」と語った。
 自然の中をゆっくり歩き、沈黙を味わいながら五感を開いていくと、不思議なことに自分の内側とも向き合うことになる。急ぎ足のときには、見すごしてしまっていた自分の弱点や悩みに、思いがけず気づくことができるのだ。自然界の兄弟姉妹たちが、ときには自然現象や色や形を通して、語りかけてくる。そして、そこには自分が映し出されている。森の中で自然界のものと向き合うと、ぼくらは結果的に「自分の内側」に忍び寄り、自分の心の中の狩りをしていくことになるのだ。
 トムの言葉を言い換えるならば、「人生の悲劇は、自分の内なるスピリットのささやきを聞き逃すこと」にあるのではないだろうか。

◆◆◆◇◇◇◆◆◆

「人生の悲劇は苦しいことにあるんじゃない。
何を見落としたかだ」、より




自分を信じて生きる―インディアンの方法
小学館
松木 正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自分を信じて生きる―インディアンの方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

植物の力でストレスケア
バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック