心の状態から選ぶ―人や周囲に敏感すぎる

ブログ「フラワーエッセンスのある暮らし」へようこそ。
バッチ財団登録プラクティショナー フラワーフェアリーの真実☆です^^

フラワーエッセンスのひとつ、「バッチフラワーレメディ」は、英国の医師エドワード・バッチ博士によって約80年前に完成された「メンタルケア」のための植物療法です。

37種類の植物と1種類の石清水から作られたエッセンスを「飲む」ことで、日々の暮らしの中で誰もが感じるような怒り・コンプレックス・自信喪失・集中力低下・不安・イライラなど、様々なマイナス感情やネガティブ思考を鎮める働きがあります。

 心の状態から選ぶバッチフラワーレメディ?

バッチ博士は38種類のバッチフラワーレメディを7つのグループに分けて説明されました。

 恐れと不安 (Fear)

 内心の不確かさ (Uncertainty)

 現実への無関心
 (Insufficient Interest in Present Circumstances)

 淋しさと孤独 (Loneliness)

 人や周囲に敏感すぎる
 (Over-Sensitive to Influences and Ideas)

 失意と絶望 (Despondency or Despair)

 他人のことを気にしすぎ
 (Over-Care for Welfare of Others)

ここでは「人や周囲に敏感すぎる」のグループに属する4種類を簡単にご紹介します。

■悩みがあっても明るく振る舞ってしまう

 例えば、
 心とは裏腹に、いつもニコニコいい顔ばかりしてしまう、
 自分の悩みで、まわりの人を重たい気分にさせたくない、
 心配ごとを冗談のネタにして、まわりを笑わせたりしている、
 気を紛らわすために、飲み過ぎ、食べ過ぎ、買い過ぎることも・・・

 そんな気持ちの時は、アグリモニーを。

画像



■ノーと言えない

 例えば、
 手伝ってと言われると、都合が悪くてもなかなか断れない、
 断りきれずに引き受けてしまうので、仕事が増えてしまう、
 他人の世話をするのに忙しく、自分のことは後回しにしてしまう、
 いつもいいように使われて、ストレスが溜まっている・・・


 そんな気持ちの時は、セントーリーを。


■怒りっぽい

 例えば、
 人が信じられず、疑い深くなっている、
 怒りが爆発して、攻撃的になっている、
 嫉妬心が強く、他人の成功が喜べない・・・


 そんな気持ちの時は、ホリーを。


■まわりに影響されやすい

 例えば、
 環境や身体の変化になかなか適応できない、
 古いしがらみに縛られて、先に進めずにいる、
 周囲の影響に過敏になりすぎて、疲れやすい・・・


 そんな気持ちの時は、ウォルナットが役に立ちます。


 バッチフラワーレメディ・ワンポイントアドバイス 

初めてお使いになる方にはレスキューレメディがおススメです。


応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック