心の状態から選ぶ―現実への無関心

ブログ「フラワーエッセンスのある暮らし」へようこそ。
バッチ財団登録プラクティショナー フラワーフェアリーの真実☆です^^

フラワーエッセンスのひとつ、「バッチフラワーレメディ」は、英国の医師エドワード・バッチ博士によって約80年前に完成された「メンタルケア」のための植物療法です。

37種類の植物と1種類の石清水から作られたエッセンスを「飲む」ことで、日々の暮らしの中で誰もが感じるような怒り・コンプレックス・自信喪失・集中力低下・不安・イライラなど、様々なマイナス感情やネガティブ思考を鎮める働きがあります。

 心の状態から選ぶバッチフラワーレメディ?

バッチ博士は38種類のバッチフラワーレメディを7つのグループに分けて説明されました。

 恐れと不安 (Fear)

 内心の不確かさ (Uncertainty)

 現実への無関心
 (Insufficient Interest in Present Circumstances)

 淋しさと孤独 (Loneliness)

 人や周囲に敏感すぎる
 (Over-Sensitive to Influences and Ideas)

 失意と絶望 (Despondency or Despair)

 他人のことを気にしすぎ
 (Over-Care for Welfare of Others)


ここでは「現実への無関心」のグループに属する7種類を簡単にご紹介します。


■同じ失敗を繰り返すことが多い

 例えば、うっかり同じ間違いをしたり、
 そそっかしいミスをすることがよくある、
 仕事や恋愛で似たような嫌な状況に陥りがち、
 経験から学ぶより、嫌なことはなるべく早く忘れてしまいたい・・・

 そんな気持ちの時は、チェストナットバッドを。

■なんとなくぼーっとしている

 例えば、注意力散漫で集中できない、
 疲れてもいないのに、眠気でぼんやりする、
 目の前の現実より、楽しいことを夢見ていることが多い、
 地に足が着いていない感じがする・・・

 そんな気持ちの時は、クレマチスを。

画像


■過去の思い出に浸って、気持ちが後ろ向きになっている

 例えば、ホームシックになっている、
 大切な人を失った悲しみに浸っている、
 昔は良かった、あの頃に戻りたいと思う、
 過ぎたことを「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」と
 後悔することが多い・・・

 そんな気持ちの時は、ハニーサックルを。

■わけもなく悲しくて、憂鬱

 例えば、なんとなく機嫌が悪い、おもしろくない、
 特に理由はないけれど、落ち込んでいる、
 気分が晴れず、何をするのも面倒に思える・・・

 そんな気持ちの時は、マスタードを。

画像


■心身共に疲れきって、うんざりしている

 例えば、長い間、強いストレスにさらされ続けて、
 生活を楽しむだけのエネルギーがもう残っていない、
 ひどい疲れで、仕事を片付ける元気がない、
 肉体的にも精神的にも、大変な病気や苦しい経験をした
 (または現在している)・・・

 そんな時は、オリーブを。

画像


■頭の中が休まらない

 例えば、心配ごとが頭から離れず、落ち着かない、
 気がかりなことが、頭の中をぐるぐる駆けめぐっている、
 頭の中が休まらず、なかなか眠れないことがある・・・

 そんな気持ちの時は、ホワイトチェストナットを。

■無気力になっている

 例えば、どうせ・・・とあきらめて、何もする気がない、
 「人生なんてそんなもの」と現状に甘んじている、
 病気になっても積極的に治そうとは思わない、
 仕事で不満があっても、改善しようとか転職しようとは思わない・・・

 そんな気持ちの時は、ワイルドローズが役に立ちます。


 バッチフラワーレメディ・ワンポイントアドバイス 

初めてお使いになる方にはレスキューレメディがおススメです。


応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック