上手に出来る♪栗の渋皮煮レシピ

こんにちは^^
横須賀でココロもカラダも軽くする♪
バッチフラワーレメディのプラクティショナー
「フラワーフェアリー」の真実☆です。

9月3日のこと。
平塚市美術館「はじめての美術 絵本原画の世界」平塚八幡宮を巡っての帰り道。

大門通り(平塚八幡宮の表参道)を通って駅に向かう途中、畑の栗を売っている店を見つけました。

画像
こんなにイガを剥くのは大変な手間ですよぉ


栗を売っているのは富士屋商店さん。
店の中に巨大な人形がぶる下がっている。これは何ですか~と訊いたら、、、

画像


富士屋商店のおばちゃん手作りの七夕飾りなんですと。
さすが平塚(* ̄∇ ̄*)

画像


後で調べたら、7月5日に実施された「七夕飾りコンクール」の地区別1等受賞作品でした!

その富士屋商店のおばちゃん直伝のレシピで栗の渋皮煮を作ってみましたよん♪

まずは栗の鬼皮を剥きます。

画像
右手の親指が痛い(;´д`)


友だちによると「栗くり坊主」という専用はさみを使うとラクに皮が剥けるそうです。

栗1Kgに対して、小さじ1杯の重曹を加え、ひたひたの水に30分浸します。

そのまま落し蓋をして、中火で煮ること25分。

濃い小豆色になった湯を捨て、新しい湯または水に変え、さらに中火で40分煮ます。

これを2回繰り返し、合計80分煮たら、栗の筋をきれいに取ります。

渋皮を傷つけないように、筋は少々残っていても良いそうです。

砂糖1Kgに対して、水3.5カップの割合でシロップを作り、栗を加え、落し蓋をして静かに沸騰するまで煮ます。

一晩置き、翌日もう一度煮返して仕上げます。

「火力だけは強くしないようにしてください」とのこと。

画像
栗の渋皮煮 できました(*´∀`)♪


その後、何度か煮返して、しばらく冷蔵庫で寝かせたら、色艶よく、さらに美味しくなりました。

画像


富士屋商店のおばちゃんに頂いたレシピには
「煮方では、マロングラッセも夢ではありません。
冷蔵庫で日持ちがします。お正月にいただけますよ」

と書いてありました。

これから大きな栗が採れる季節。
旬を味わってみてはいかがでしょう(*^-^*)

9月14日(土)~16日(祝)には「ぼんぼりまつり」が開催され、大門通りもにぎわいます。

◆平塚八幡宮
 神奈川県平塚市浅間町1-6
 http://www.hachiman.org/




応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

植物の力でストレスケア
バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック