花まつりの夜にレナ逝く

昨日は私のオカリナの師匠が出演されるイベントを逗子さざなみホールに観に行きました。

 朗読とおはなしとオカリナと10周年記念の会 

三浦市内で活動する朗読ユニット語坊(ユファン)の朗読と阿部美智子さん(オカリナ)、藤谷亜伊さん(ピアノ)の演奏。

夜光杯の女(夢枕獏・作)と薄闇の桜(永井路子・作)が朗読されるのは知っていたのですが、もうひとつ、葉っぱのフレディ-いのちの旅(レオ・バスカーリア・作 みらいなな訳)が読まれて驚きました。

「葉っぱのフレディ」は生まれること、死ぬこと、命は変化しながら永遠に循環すること、を分かりやすく描いた絵本です。

イベントを終え、駅までの道すがら、高野山真言宗 黄雲山 逗子大師 延命寺があったのでお参りしました。厨子弁財天が祀られているお寺でもあります。

元同僚の死レナの介護で、昨日が花まつり(お釈迦様の誕生祝い)だということをすっかり忘れていたのに、たまたま出先でお参り出来たお寺が「延命寺」というシンクロ。身代わり地蔵さんの体をさすり、どうかレナが苦しまずに逝けますようにとお祈りして帰ってきました。

昨日はもう水を飲むのも拒否し、ただ静かに横たわっていたレナは、夫が帰宅して声をかけると、一生懸命上半身を起こし応えていました。きっと大好きな夫の帰りを待っていたのでしょう。

そして、日付が変わって間もなく、私の腕の中で静かに息を引き取りました。蝋燭の灯が燃え尽きて消えるように、本当に穏やかな最期でした。レスキューレメディが役に立ちました。

他の猫たちも早くから異変を感じていて、レナの周りにはあまり近づかなくなっていたのですが、ニャンコちゃんは最期まで傍にいて、看取った後は、普段なら私の布団の上、足元の方で寝るのに、布団にもぐりこんできて、私のみぞおちあたりで丸くなり一緒に眠りました。まるで疲れ傷ついた私の第3チャクラをヒーリングしてくれているかのように。

画像


日曜日に頂いた花束はそのままレナの旅立ちを飾る花になり、今日の午後、いつもお世話になっている霊園で火葬を済ませました。

画像


明日は新月。
春分直後の牡羊座の新月は、新しいスタートを切るには最もパワフルなタイミングとされ、お宝マップ(自分の未来の人生のイメージに合う写真やイラスト、言葉などのコラージュ)を作ると願いが実現しやすいと言われています。

葉っぱのフレディ、延命寺、花束、新月…と、すべてお膳立てされたような流れに、レナは私たちが新しいスタートを切りやすいように旅立ちの時を選んでくれた、そんな気がしています。

レナの看病を通じて学んだことは書ききれません。

レナ、ありがとう。またね。

画像

応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。



By TwitterIcon.com

葉っぱのフレディ―いのちの旅
童話屋
レオ バスカーリア


Amazonアソシエイト by 葉っぱのフレディ―いのちの旅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年04月11日 05:43
レナちゃん頑張りました
きっとずっと幸せだったんだなあと改めて思います
ご冥福をお祈りします
2013年04月12日 19:49
タフィー104さん
ありがとうございます。
一緒に暮らせた私たちも幸せでした。。。

この記事へのトラックバック