『わが母の記』

今日で5月も終わりですね。

いま庭のサツキが美しい花を咲かせています。
まるで5本の指で誘っているかのような艶やかさです。

画像



さて、映画好きの私、昨日「わが母の記」を観てきました。

原作は井上靖の自伝的小説「わが母の記」。


わが母の記 (講談社文庫)
講談社
2012-03-15
井上 靖


Amazonアソシエイト by わが母の記 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「幼い頃、母に捨てられた」という思い込みのため、
心の底に母への恨みを抱き続けてきた作家・伊上洪作と、
痴呆症で少しずつ壊れていく母・八重との家族愛の物語。

洪作が少年だった頃に書いた詩を八重が暗誦するシーンと

「いろいろあっても、ゴールはひとつだ」という洪作の言葉。

この2つがとても印象的でした。

母と長年同居し看取ってくれた姉に洪作が伝えた感謝の言葉にも涙。。。

母・八重を演じた樹木希林さんは主演女優賞ものの演技でした。



「わが母の記」公式サイト http://www.wagahaha.jp/

応援ありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

◆介護の心のケアに役立つものがあります◆
バッチフラワーレメディのネットショップ「フラワーフェアリー」
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

対面コンサルテーションのご案内はコチラ
※携帯で正常に表示されない場合はコチラをご覧ください。


By TwitterIcon.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック