バッチフラワーシンポジウムに行ってきました♪

満月の今日、第4回バッチフラワーシンポジウム2009が開催されました。

今年のテーマは「バッチフラワーレメディとコミュニケーション」。

まず初めに、安全でシンプルな自然療法として広まりつつあるバッチフラワーレメディの現状について、各地で活躍されている4人のバッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)が実践報告という形で発表。

参加されたのは、発表順に
 フロスヴィータの京ヶ島弥生さん
 IKUKO HERBSの中野郁子さん
 浅井ヒーリング研究所の浅井ひとみさん
 ペット行動コンサルタントSENDAの千田純子さん

みなさん、持ち時間の15分ではとても収まりきらないような内容の濃いお話でした。
特に印象的だった言葉は
「(バッチフラワーレメディが)必要な方の元に、まだ届いていない」(浅井さん)
「どうしてこんな良いものが広まらないのでしょうか?と言われる」(千田さん)

まだまだ認知度が低いバッチフラワーレメディを、良い形でPRしていくには、京ヶ島さんがおっしゃっていたように「社会からどのように見られているか」という客観的な視点も大切でしょう。いまの自分に出来ること、社会との関わり方、他のBFRPやセラピストさんたちとの協力の仕方など、いろいろ考えさせられました。

パネルディスカッション、ランチ休憩、Peace-Kさんのゆる~いハングドラム演奏に続き、午後は石川眞樹夫・新逗子クリニック院長と黒丸尊治・彦根市市民病院緩和ケア部長の講演。

黒丸先生のお話を伺うのは昨年5月のソフィアフィトセラピーフォーラム以来2度目。あの時は江原啓之さんやアロマテラピーの第一人者・林真一郎さんに容赦なく(?)ツッコミを入れられていた黒丸先生。今日も石川先生にビシバシ☆ツッコミを入れられていましたが、さらりと受け流しつつ、大事なところはきっちり押さえた受け答えに、今回のテーマ「コミュニケーション」の良いお手本を見せていただきました。

今日いただいたヒントを、これからの自分自身の活動に活かしていきます。良いお話をどうもありがとうございました。

 フロスヴィータ http://www.flosvita.typepad.jp/
 IKUKO HERBS http://www.ikukoherbs.com/
 浅井ヒーリング研究所 http://asai-healing.tea-nifty.com/blog/
 ペット行動コンサルタントSENDA http://www.with-paw.com/

 Peace-K http://www.k5.dion.ne.jp/~peace-k/

 新逗子クリニック http://www.iryouhouzin-seikoukai.com/shinzushi/
 彦根市市民病院緩和ケア http://www.municipal-hp.hikone.shiga.jp/kanwa/


がんばらず、あきらめないがんの緩和医療―ホリスティック緩和ケアのすすめ
築地書館
黒丸 尊治

ユーザレビュー:
患者さんにとって何が ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


画像


フラワーフェアリーでは会員様向けにメールによるレメディ選び無料相談を行っています。どのバッチフラワーレメディを選んだら良いか迷った時は、お気軽にご相談くださいね。

無料相談窓口はコチラhttp://flowerfairy.ocnk.net/product/76


メルマガ<フラワーフェアリー通信>で、お役立ち情報を随時配信しています。ショップのトップページより、ぜひご登録ください
    
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック