貴重な体験に感謝

退職までのカウントダウンが始まり、気持ちやや焦り気味。
いまの仕事をどこまでやって、どの時点でバトンタッチすればいいんだか?
心の中で「心配するな、なんとかなる」と宣言しても、まだ頭と肩のあたりに
強張りが残る。。。

そんな毎日なので、傾聴ボランティアの講座に出席するため週の真ん中に
1日休暇を取れることが、とても良い小休止になっている。
昨日は「共楽荘」という老人ホームで入居者のお話を聴く実習だった。

共楽荘は、昭和24年に旧海軍工廠工員宿舎を改造し、養老事業
(実質的には生活保護が必要な方々への食事や住居の提供だったらしい)
が始められた場所で、昭和39年には老人福祉法による特別養護老人ホーム
神奈川県第1号施設として認可されている。

実習ということで、認知症の高齢者を含め常に介護が必要な方たちがいる
特別養護老人ホームではなく、養護老人ホーム側に住んでいらっしゃる
93歳のおばあちゃんのお話を聴かせていただいた。両親も祖父母もいない
わたしは、普段の暮らしの中では自分の倍以上も生きていらっしゃる方から
直接お話を聴く機会など、そうは持てないので、このような貴重な体験を
させていただき、感謝している。ありがとうございました。

最後におばあちゃんから「もらっているお給料以上に真面目に働いていると
いいことがあるよ」というようなメッセージをいただいた。
以前、ここの日記にも書いたことがある「「人が1マイル行かせようとするなら、
その人と共に2マイル行きなさい。」 (マタイによる福音書5章41節)
という聖句を思い出した。

そして、今日、退職届を提出した。ひとつの終わりは、新たな始まり。
今日は新月。皆さまも幸せなスタートを切れますように☆

画像は、まるで蝶がとまっているみたいな額あじさいの花。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック