フラワーエッセンスのある暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザ予防とバッチフラワーレメディ

<<   作成日時 : 2009/05/21 11:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

新型インフルエンザの感染が拡大しています。

今回のインフルエンザは感染者の大半が軽症か無症状で済む「弱毒性」であるとされているのに、一部で過剰とも思える対応がなされているのは、これまでの死亡者数の多さと今後ウィルスがどう変化するか分からないことに対する「恐怖心」からでしょうか。

マスク品切れが続出する背景には「病気をうつされたくない」気持ちや「人様に病気をうつしてはいけない」気持ちが垣間見えます。わたし個人の感情はどうかといえば「こういう時はパニックや感染元たたきがオソロシイな」と思う。やはりベースは「恐怖心」です。

1931年に出版されたエドワード・バッチ博士の著書「汝自身を癒せ」の第7章にこんな記述があります。

「現在、恐怖心が病気の勢いを強めています。それは現代科学が、まだ十分に立証されていない発見を一般社会に広めることで、恐怖の影響力を拡大してきたからです。病気に関係する細菌やさまざまな病原菌に関する知識は、何万という人の心にパニックを引き起こしました。そして、人々の中に呼び起こされた恐怖が、かえって人を病にかかりやすくしています。細菌のような微生物は、肉体的な病気に関係しているか、一部が誘因となっていることもあります。しかし、科学的に、あるいは当然の事として説明のつくような、真相の全てでは決してありません。科学が物理的な根拠に基づいて説明し切れない要素があります。それが、同じ感染の可能性を持ちながら、病に冒される人もいれば、冒されないで済む人もいる理由です。」

また、1936年に出版された「12の癒し手とその他のレメディー」にはこんな記述があります。

「同じ病気が、人によって違った影響を及ぼすことがあるのはよく知られています。治療すべきは、病気から受けている影響です。なぜなら、その影響こそが病気の本当の要因へと導いてくれるからです。心は人間にとって、一番影響を受けやすい敏感な部分です。体よりはるかに明確に、病気の始まりと経過を示しています。
(中略)
 病気になると、まずいつもと気分が違ってきます。感覚の鋭い人は、たいてい病気の兆候が現れる前、時にはそのずっと前に変化に気づきます。その時手当てをすれば、病を未然に防ぐことができます。」

新型インフルエンザ感染拡大に関する報道や対応を見ていると、バッチ博士の著書が出版されてから70年以上経った今も人間の心の根底にある「恐怖心」は変わっていないのだな、と強く感じます。

こんな時こそ、日常の基本的なケア(うがい・手洗い)と共に、平常心を保つことが大切。 わたしはバッチ博士が発見されたバッチフラワーレメディや、その他のフラワーエッセンスを使っているので、その時々の自分の感情に合うレメディを飲み、心身のバランスを整えています。

ご参考までに、
新型インフルエンザ感染拡大に関連して思いつくバッチフラワーレメディといえば

☆新型インフルエンザに感染するのが怖い・・・ミムラス
http://flowerfairy.ocnk.net/product/25

☆家族や身近な人が新型インフルエンザに感染するのではないかと心配でたまらない・・・レッドチェストナット http://flowerfairy.ocnk.net/product/20

☆新型インフルエンザ感染拡大にパニック的な恐怖を感じる・・・ロックローズ
http://flowerfairy.ocnk.net/product/19

☆これから何かもっと悪いことが起きるような気がする・・・アスペン
http://flowerfairy.ocnk.net/product/2

☆手をよく洗っても、まだどこか汚れているような気がする・・・クラブアップル
http://flowerfairy.ocnk.net/product/35

☆新型インフルエンザに関する報道を見聞きすると動揺してしまう・・・ウォルナット
http://flowerfairy.ocnk.net/product/10

☆感染が拡大している地域に出かけていいものか、決めかねている・・・スクレランサス http://flowerfairy.ocnk.net/product/15

・・・などなど。

「自分のせいで誰かに新型インフルエンザを感染させてしまった」と罪悪感(パイン http://flowerfairy.ocnk.net/product/21)を覚える方もいらっしゃるかもしれませんし、何の根拠もなく「多分自分はうつらないから予防なんてしないし、たとえうつって死んでも構わない」と現実離れした感情(クレマチス http://flowerfairy.ocnk.net/product/36)を抱く方もいらっしゃるかもしれませんね。

皆さんは今どんなお気持ちですか?

まず、自分の感情に気づき、その感情をいたわってあげることが、感染を未然に防ぐ(感染したとしても軽症で済ませる)鍵になります。


(注意)
バッチフラワーレメディは医薬品ではありません。
また医療行為に替わるものでもありません。

参考図書:バッチ博士の遺産
   http://flowerfairy.ocnk.net/product/59

関連記事:ホメオパシーとバッチフラワーレメディの違い
http://flowerfairy.at.webry.info/200908/article_31.html


エドワード・バッチ著作集―フラワーレメディーの真髄を探る
BABジャパン
エドワード バッチ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


画像


フラワーフェアリーでは会員様向けにメールによるレメディ選び無料相談を行っています。どのレメディを選んだら良いか迷った時は、お気軽にご相談くださいね。

無料相談窓口はコチラhttp://flowerfairy.ocnk.net/product/76


メルマガ<フラワーフェアリー通信>で、お役立ち情報を随時配信しています。ショップのトップページより、ぜひご登録ください
    
バッチフラワーレメディの専門店「フラワーフェアリー」へ

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新型インフルエンザ
この新型インフルエンザ≠ニいうのが、最初にマスメディアで紹介された時は、 ...続きを見る
新型インフルエンザを正しく怖がる方法
2009/06/06 13:23
ホメオパシーとバッチフラワーレメディの違い
ブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。 バッチフラワーレメディのお店「フラワーフェアリー」のマミ (=^-^=)です。 ...続きを見る
フラワーエッセンスのある暮らし
2010/01/27 15:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフルエンザ予防とバッチフラワーレメディ フラワーエッセンスのある暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる